こんにちは~。

ブログをご覧いただきありがとうございます。

「結婚相談所マナマナ」で成婚した
スタッフ咲子です。

私の自己紹介はこちらです。⇒コチラ

*--*--*--*--*--*--*--*

7月になりましたね!

いよいよ2018年も後半に突入です。

今現在、お相手が居なかったとしても、
これから積極的に行動していくことで、
年末までに出逢い、結婚しているかもしれませんよ。

一つ一つの出逢いを大切にしていってくださいね。

 

さて、今回も私自身の婚活を振り返りつつ、
お話ししたいと思います。

婚活当時、アラフォー真っ只中であった私には
待っているだけでは
出逢いなんて全くありませんでした。

じゃあ、日常や行動範囲以外で、
出逢いの場や機会ってどんなものがあるんでしょうかね。

・知人・友人の紹介
・相席居酒屋
・街コン
・サークル(出逢いに特化したもの)
・ネット婚活
・婚活パーティー
・地域・自治体の婚活事業
・結婚相談所

これだけしか浮かびませんでしたが
もっとたくさんあるのかもしれません。

実際に私が利用したものとしては、
友人・知人の紹介、ネット婚活、婚活パーティー、
地域・自治体の婚活事業、結婚相談所です。

利用してみて大切だなぁと感じたことは、

自身のニーズを把握しておく

ということです。

すぐ結婚したいのか
いつか結婚したいのか
まずは恋愛がしたいのか

自分から積極的に動きたいのか
誰かにサポートしてもらいたいのか

などなど、
これらニーズは人によって違いますよね。

いつごろまでに
どのような人と
どうなりたいか
そのためのサポートの要否

あくまで私の主観ですが、
これだけでも活動時にはっきりさせておくと、
活動の場も絞られてきますし、
然るべきお相手と出逢いやすくなるように思います。

私も能動的活動として、婚活パーティーから始まり、
次にネット婚活を開始しました。
そして、ネット婚活から結婚相談所へと完全に移行し、
その後、婚活パーティーは起爆剤として時々参加していました。

うん・・・長い道のりでしたよ。
だってブレるもん。

私の場合は、出逢うお相手によって
自分のニーズを変えていた
ように思います。

完全にアカンやつですね(>_<)
これって自己肯定感の低さでもありますね。
このあたりはまた後日にでも・・・。

自分のニーズとそこで出逢うお相手のニーズに
ズレを感じるようであれば、
早々に活動の場を変更していく勇気と行動力は
必要になってきます。

もちろん掛け持ちもOKですが、
メインとなる活動の場は自身のニーズと合致しているかを
見極めてくださいね。

 

次回からそれぞれの出逢いの場でのエピソードや
利用するうえでのメリット・デメリットなどを
お話ししたいと思います。