結婚するための婚活スタイルは?|50代男性の場合

婚活する50代男性

【あなたの気持ちが整理できたら・・GO!】

50代男性のあなたが初婚の場合には、これまでなぜ結婚しなかったのか?
そしてなぜ今なのか?といったことをご自分なりに考えてみることが大切です。仕事が忙しくてそれどころではなかった。
自身が病気をしてしまってなかなか活動できなかった、などなど。

そして、ふと将来のことを考えると不安になったから・・・でしょうか?

これからいろいろな活動をするときに、お相手の女性は
なぜあなたがこれまで結婚しなかったのかを不思議に思うはずです。
そして、「何か結婚に適切ではない何かがあるのでは?」
と考えてしまうものです。

そんなときに、なぜ今なのか?ということをご自分なりに納得できる背景を整理しておく必要があるのです。

そしてあなたが再婚の場合には、
次の結婚生活に求めるものが何かを整理しておきましょう。
つまり、一人が不安だからなのか、
自分がやりたいことを考えたときに一人ではできないからなのか、
その目的を明らかにしておく必要があります。

また死別の場合と生別の場合とでも事情は異なるかも知れませんね。

そしてお子さんがあるのかないのか、親権はどうなのか?
以前の結婚の状態が今にどうつながっているのか、そして次の結婚生活がどうなるのか、その中で次のパートナーの方に求める条件はなんなのか?

ぜひ一度整理をしてみてください。

あなたが整理できないでいると、次のパートナーの方は何を基準にあなたを選べばいいのかがわからなくなってしまうのです。

いかがですか?もう50代にもなると単純に「結婚したいから」という勢いだけでの婚活はなかなか難しいものがあります。

【初婚の方へ】

あなたはこれまでなぜ結婚せずにこられたのでしょうか?

その理由によって選ぶ活動が異なってきます。

これまで女性とお付き合いをした経験がないのでしたら、間違いなく結婚相談所での活動をおすすめします。

それは、あなたが女性とどう接したらわからない状態だと思うからです。

結婚相談所ならあなたが相談できるカウンセラーさんがいます。

その方から男性と女性の違いなどをはじめとして、女性とどのように接したらいいのかを

アドバイスしてくれるはずです。

まずあなた自身の方向性を決めてくことが大切です。

例えば多くの男性はご自身より若い女性を好まれます。50代のあなたでしたら、恐らく30代の女性を好まれるのではないでしょうか?それは初婚のあなたですから、子供を産んでほしいと考えられるからだと思います。その選定条件は無理だとは言わないまでも、なかなか可能性は低いことを覚悟しておいてくださいね。

それはお相手の女性があなたの年代の男性をパートナーとして設定はしていないのだということです。一般的に、女性がパートナーの年齢として設定するのは±7歳くらいと考えればいいでしょう。つまり、あなたがターゲットに入ってくるお相手の年齢は少なくとの40代の女性ということになります。

ですから現実的にはあなたが実子を望まれていたにしても、それは難しいかも知れないということを念頭に置いておきましょう。いざとなれば養子縁組を考えることも視野に置いておくのです。

とはいえ、実際の活動では幅広くアタックしていくことが大切です。可能性を捨てるのではなく、多くの方にアプローチしていきましょう。

そのためにはより多くのお相手にアプローチできる相談所を選ぶことをおすすめします。

そしてお出会いいただける方とは積極的に会っていただいて、あなたのパートナー像を具体的にしていくように活動を進めましょう。

【再婚の方へ】

あなたは前のパートナーの方とはどのような別れ方をされましたでしょうか?

【死別の方】

あなたは前のパートナーの方に対しての思いは断ち切れましたでしょうか?

男性の多くは前のパートナーの方の遺影を引きずっておられる方が多いのです。そして女性はそのように、「前の方」と比べられることを好みません。

一緒に住むとなると、家も前の奥様と一緒に住んでおられたところに住みたいとも次のパートナーの方は思わないことでしょう。

つまり、あなたが前のパートナーの方との思いを断ち切ることから始めなくてはなりません。

できますか?

考え方としては二通りあります。

  • あなたが前のパートナーの方との思いを断ち切ることができたら活動を始める
  • 次のパートナーの方と出会ったら、前のパートナーのことも忘れられるだろうからまずは活動を始める

という選択肢です。

あなたはどちらを選びますか?

もしも②を選ばれたときには、活動の最中、つまりお相手候補の女性と会っておられるときなどに決して前のパートナーの方と比較はしないようにしてくださいね。

女性は敏感です。あなたは気づいていないうちに、比較しているのです。

どちらのパターンを選ぶにしても、あなたが前のパートナーの方との想い出を断ち切ることができる必要があります。あなたにとっては想い出の深い方であったとしても、次の女性にとってはある意味「邪魔」な存在でしかないのですから。

覚悟が決まれば活動を始めましょう。

その種類は、なんでも大丈夫です。

あなたには覚悟ができたのですから。

婚活パーティー、結婚相談所、結婚情報サービスなどあなたが思いつくものはすべて試してみてください。

その中で、あなたが「これはよさそうだ」と思われる活動に集中していくようにしましょう。

【生別の方】

まず整理しなくてはいけないことは、あなたが前のパートナーの方となぜ別れたのか?

ということです。生別の男性の方の中にはその理由がよくわかってらっしゃらない方がおられます。

そのような状態の中で、新たに活動を始めても同じようなことを繰り返す可能性が高いのです。

あなたが前のパートナーの方と別れた理由について理解できていれば婚活を始めてもいいでしょう。次はそうならないようにすればいいのですから。

でもまだその理由がよくわかっていないような状態なら、まだ活動すべきではありません。あなたにはまだ婚活を始める準備ができていないのです。

なぜあなたは結婚したいのですか?

ただ「お手伝いさん」を雇うような感覚で、パートナーの方を探そうとしてもそれは難しいのです。あなたにいくら資産があったとしても、女性はこころのつながりを大切にします。

あなたが女性をどのように満足させていけるか?を考えましょう。

言い換えれば、あなたと結婚した女性はどのようないいことがあるのでしょうか?

前のパートナーの方は、そんないいことがあるのに、なぜあなたから離れていったのでしょうか?

そして、それは次のパートナーの方にも求めることですか?それとも次は違ったことを求められますか?

いかがでしょう?

あなたの気持ちは整理できましたでしょうか?

整理ができたのなら、結婚相談所での活動をおすすめします。

というのも、まだあなたには気づきが足りないかも知れないのです。

ですからあなたに適したアドバイスをしてくれるカウンセラーさんがいる相談所をおすすめします。

そのためには、できるだけ多くの相談所に出向いて、あなたのことを真剣に考えてくれる相談所を選んでくださいね。

【お子さんのある方へ】

あなたには子供さんはいらっしゃいますか?親権はありますか?いまでも定期的に会っておられますか?結婚したらどうなさいますか?

ここで決心をしていただいたいことがあります。

次のパートナーになる方の幸せとお子様の幸せは別に考えるようにしてください。

次のパートナーになる女性は、あなたの前のパートナーとの間で生まれたお子様に対しては何の責任もないのです。「あなたのお子様」であることは間違いないのですが、「あなたのお子様の母親」にはなれないのです。ですから、あなたが次のパートナーの方に、あなたのお子様の「母親」になってほしいとは望まれない方がいいのです。

だって、なれないのですから。

あなたが幸せになれば、お子様も幸せになれる、そのような考えをお持ちのようでしたらそれは改めてくださいね。

次のパートナーの方も、あなたのお子様もそれぞれが独立した個性を持っておられます。

そして、それぞれの人生を幸せに過ごせるようになることにあなたは責任を負うことになるのです。

しっかりとそれぞれの人生を考えましょう。

もちろん、あなた自身の人生も・・・ですよ!

【一歩前へ!】

さぁ、あなたの覚悟は決まりましたか?

なかなか一人では整理できないことが多いかも知れませんね。

そんな時は、結婚相談所が持っている「無料相談」のシステムを利用していろいろな意見を集めてみてください。

どれが正解ということはありません。

最終的にはあなたが責任をもってどうするかを決めるのですから。

このサイトでも多くの例をお伝えしています。

もしこの中でもあなたの答えを見つけられなかったら、お気軽にお問合せからご連絡ください。

あなたとあなたがかかわった方々が幸せになることを願っています。

無料相談のご予約

お気軽にご相談くださいね。
ご相談は何度でも無料ですよ!
オンラインやお電話でも大丈夫です。