蓮舫議員の離婚理由がすごい!「人生観の違い」ですって?異なる価値観を認め合うことが結婚です。

結婚観

大阪市と加古川市を拠点に全国展開する結婚相談所マナマナのライフデザインンコーチが様々な結婚生活についてコメントします。文春オンラインで見つけた下記の記事を参考に、「結婚観」に関するお話をしたいと思います。

「週刊文春」が、離婚について事実確認を求めたところ、8月24日、蓮舫氏は取材に応じ、次のように説明した。
「8月7日に離婚届を提出して受理されました。弁護士も入れず、円満な協議離婚です。

(理由は)シンプルに人生観の違いですね。彼は早稲田大学で講義を持ち、学生と地域を結ぶ教育をしています。いずれ地方に生活の拠点を移そうと考えていた。一方、私は東京が選挙区で、東京から日本を変えたいという考え」

離婚を切り出したのは蓮舫氏からだったという。

「子供たちが成人し、互いの将来を考えたとき、同じ籍にいる必要はないかな、と。息子の芸能活動が軌道にのり、娘の就職の内定が出たことが大きかった。今年春ごろから私の方から切り出して、話が整ったのがこのタイミングということ。2人でこの件で話したのは30分ずつ2回だけ。彼も私との価値観のズレはわかっていたから理解してくれました。

ただ、今も連絡を取り合うほど仲はいいです。籍を抜いただけなので、生活も心境も全く変わっていないんです」

https://news.goo.ne.jp/article/bunshun/politics/bunshun-39836.html

結婚って価値観が同じじゃないとできないの?

人生観が違うから結婚生活ができないという前に、そもそも結婚できないと思うんです。

もっといえば、価値観が違うことを認め合うことが結婚の第一歩目なんですよね。

よく聞く意見で「価値観が違うから結婚できない」のではなく、「異なる価値観を認められない」ので結婚できないのです。

結婚したのは「価値観が違うことを認めた」から。

100人の人がいたら100個の価値観がある。

全く同じ価値観の人なんていない。

この人の価値観は認められるなぁと思う人だから、それがリスペクトの気持ちになって一緒に人生を歩んでみたい!ってなるのです。

全く同じじゃないけど、ほぼ同じ方向を向いているなぁ、というのもありですよ!

でも、多くの場合は自分とは異なるところに新鮮味を感じるのではないでしょうか?

価値観の異なるところを認め合って、お相手をリスペクトするところに結婚の価値があるのだと思います。

お相手の価値観って何十年もたたないとわからないもの?

今回の場合は20年以上経ってから「人生観が異なるから離婚します」って言うのですが、これまでその違いに気がつかなかったんでしょうか?

そんなはずはないですよねぇ!

多分、一緒に生活をするメリットがなくなったというのが離婚の理由だと思います。

でもそれは今に起こったことではなく、もっと早い段階で出ていた思いなのだと思います。

円満な協議離婚だとしたらお互いにそう感じていたと言うこと。

将来の方向性が違う、つまり地方に住むのか都会に住むのか?という点が大きな違いとしてあげられていますが、そんなことは大したことではないと思います。

今の時代、距離が少々離れていても、例えばそれが沖縄と北海道くらい離れていたとしても2-3時間で行き来できます。

将来の方向性が異なったとしても、それを認め合えるのなら違いをベースにどうするのかという選択肢は見つかるはず。

恐らく、二人の気持ちが通じ合わなくなったと言うことなのでしょう。

そしてそのことはお互いに早くから感じておられたのではないかと思います。

つまり、お互いにリスペクトできなくなったことがそもそもの原因なのです。

結婚生活は子供たちのため?

子供たちも大きくなったし、ってこれまで離婚しなかったのは子供のせいなんでしょうか?

そんなこと言われたら子供たちもたまりませんね。

私の最初の妻が家を出たのは息子が18歳になった時でした。

息子は荒れました。

家族がバラバラになるということは大きな犠牲が伴います。

でも、子供がいたから別れずにいたのなら、なぜ成人したからという理由だけで簡単に離婚できるのでしょう?

法律上の養育義務がなくなるから?

親子の人間関係ってそんな簡単に切れるものではなく、いや、切れませんよ。

これまで離婚しなかったことをお子さんのせいにするのはすんなりと受け入れるわけにはいきません。

離婚っていうのは子供さんのことを考えなくてはならない場合もあるでしょうが、それも含めて自分たちの決断なのですから。

結婚生活は子供たちのためにあるのではありません。

家族がともに成長し、一緒に幸せになるためのものですから。

籍を抜いただけの離婚?

これもよくわかりませんね。

籍を抜くってことが離婚なのに、「籍を抜いただけ」って言う表現で何を言いたかったのでしょうか?

それとも、形としての籍を抜いただけで、これからも生活は共にするとでも言いたいのでしょうか?

これはちょっと意味がわかりませんね。

離婚したのですから籍を抜くのは当たりまえ。

一般的に籍を入れるか入れないかっていうのは遺産相続に関わることかと思いますが、今ではその点も変わってきていると思います。

あとは生涯を共にしたいと思う方が別に現れたからなのか?

多くの場合は後者の理由が大きいと思います。

ただお立場上、素直に言えないのかも知れませんね。

しかも相手が文春さんですからうかつなことが言えないと言うご事情もあるのでしょう。

離婚っていけないことですか?

ここで考えたいことは、離婚っていけないことなんでしょうか?

一般的に「不幸なこと」と思われるので文春さんも取り上げるのでしょうね。

おそらく読者の方は不幸な情報を喜ばれるのでしょうから(特に有名人の方の)

今の時代、結婚した人の3組に1組は離婚する時代です。

何も恥ずべきことではないのです。

「こんな人と一緒にいたい!」と思って結婚してみたら実はそんな人ではなかった!

なんてこともあるのですから。

金銭的な理由で離婚される方もいらっしゃいますからね。

社会的に認められた手段なのですから、離婚はみなさんを喜ばせるような「事件」ではありません。

自分の人生に自信を持ちましょう!

ここまで蓮舫さんの離婚報道に基づく私見を述べさせていただきました。

あなたはどう思われたでしょうか?

周りから祝福されて結婚した二人が離婚を決意するというのはすごい決断なのです。

だって結婚しているときよりも幸せにならなければ離婚する意味がないですもんね。

そんなすごい決断をする時には周囲の目が気になるもの。

そして普通はすごくエネルギーを消耗するものなのです。

それを周囲の見た目からすれば、「いとも簡単に」やってのけたこのご夫妻。

恐らく以前からそのようなお話はされていたのだろうと思います。

周囲の目を気にせずに行動された蓮舫さんご夫妻の勇気は素晴らしいと思います。

ここから学ぶことは、

「周囲の眼は気にせず、自分たちの思う通りに生きること」

です。

あなたも何か悩みがあるようでしたら、ホントウのご自分がどうしたいの?

ってご自身に問いかけてみてください!

あなたは思う通りの人生を歩んでいいのです。

自信を持って、あなたらしい人生を歩みましょう!

もし必要でしたら私どもの個性診断(恋愛結婚力テスト)を受けてみてください。

お気軽に下記より無料相談にお問い合わせください。

では、また。

無料相談のご予約

お気軽にご相談くださいね。
ご相談は何度でも無料ですよ!
オンラインやお電話でも大丈夫です。