結婚したら子供を産まなくてはいけない?結婚を躊躇する理由

子供を産まなければならない?

【結婚の条件は出産?】

あなたは真面目な方なのでしょうね。親御さんや周りの方から言われることをなんとか実現したいと思ってしまうあなたには「早く孫の顔が見たい」となにげにおっしゃった親御さんの言葉が気になっていらっしゃるのでしょう。

 

あなたが子供さんを産むことに抵抗を感じる理由はなんでしょうか?

あなた自身もこの世に生を受けて、結婚について考えるまでになられたことを考えると、

よほど出産や育児についてイヤな思い出をお持ちのことかと思います。

 

確かに育児ができずに悩んでおられる方も多いことですし、虐待にあったために子育てに関してトラウマになってしまった方もいらっしゃることでしょう。

 

ひょっとすると、自分のような子供を増やしたくないというような思いでそう考えておられるのかも知れませんね。

 

安心してください。

お子さんを産むということと結婚するということは別な次元で考えていただいていいのですよ。

 

つまり、あなたが結婚したからといって、「必ず」お子さんを産む必要はないのです。

あなたが「産みたい」と思ったら産んだらいいのです。今の時代は。

 

 

ただし、産みたいと思ったからといって、必ず埋めるものではないことも知っておいてくださいね。

 

【自立のすすめ】

あなたは子供だからと言って、いつまでも親御さんの言うとおりの人生を歩まなくてもいいのです。親御さんとあなたは全く異なる個性を持っているのですから。

 

とはいえ、これまで一番長い時間を共に過ごしてきた、そして苦労しながら育ててくれた親御さんの意見を無視するわけにはいかないとあなたは考えるかもしれません。

しかし、親御さんの言うとおりにすることが恩返しではないのです。

 

むしろ、あなたがあなたの思う人生を歩む決断をする力を身に着けてくれたことが子供を育てた成果なのだと私は思います。

 

いつまでも、親だからと頼られても、順番で行けば親御さんの方が早くこの世を旅立つことになるのです。そうなった時にも、自分の力で生きていける能力を身に着けておいてくれる方がありがたいものなのです。

 

あなたはもうご自分の考えで人生の岐路にあって決断し、選択していく時期に来ているのだと思います。

 

 

【結婚って何?】

 

そもそも結婚ってなんでしょう?

昔は「イエ」をつないでいくための手段、つまり、女性が男性の家に嫁いで子供を産み、とりわけ、跡取りと呼ばれる男の子を産むことが目的とされている時代がありました。

 

ひょっとするとあなたの親御さんはその時代の考えを、親御さんのご両親世代から引き継いでおられるのかも知れません。

 

でも今の時代は結婚するかしないかをご自身で決断し、選択する時代に入っています。

つまり、今の時代における結婚は、それ自身が目的ではなく手段なのです。

 

あなたが幸せな人生を送るための手段なのです。

ですから、結婚したあなたが不幸になるなんてとんでもないことです。

 

あなたはあなたが幸せになることを考えてみてください。

そのために結婚する必要があるのなら、結婚しましょう。

 

その必要がなければ結婚しなくてもいいのです。

子供を産むために結婚するのではなく、あなたが幸せになるための結婚を考えましょう。

 

 

【本当に結婚したいのですか?】

あなたが結婚を意識したのはなぜでしょう?

親御さんから言われたからですか?

それとも子供を産むための手段として結婚を考えられたのでしょうか?

 

もしそうなら、いったん立ち止まって冷静に考えましょう。

 

あなたはどのような人生を歩みたいのですか?

そのことを考えるとき、決して現状の制約下で考えるのではなく

「あなたに何の制約もないとしたら」

という条件で考えてみてくださいね。

 

たとえば、今の土地を離れられないとか、

先々は親御さんの面倒をみないといけないとかいった

条件はないものとして考えましょう。

 

その人生を実現するために、結婚は必要ですか?

例えばその人生を実現するためには「このような人と結婚すれば」実現できるかな?

といったような感じですね。

 

【幸せな人生を歩みましょう!】

これまで考えてきたように、

あなたが幸せな人生を歩むために必要な手段が結婚なら、ぜひ結婚しましょう。

でもそうでなければ必ずしも結婚する必要はありません。

 

親御さんに「早く孫の顔が見たい」と言われたにしても、まずはあなたが幸せになることが大切なのです。

そのことは親御さんも理解していただけることと思います。

 

いや、ひょっとするとあなたに早く結婚して幸せになってほしいので「孫の顔が見たい」と今から孫を引き合いにだして、あなたに結婚を促しているのかも知れませんね。

 

子供を産むか産まないかではなく、あなたが幸せな人生を送るために幸せな結婚をしてほしいと、ご両親をはじめ、みんなは願っているのだと思いますよ。

 

 

【まずはパートナーから】

もしあなたが結婚したいと思ったのなら、まずはパートナーから探しましょう。

あなたが幸せな人生を歩むことをサポートしてくれるパートナーを選ぶのです。

 

そして子供をどうするかはパートナーさんと決めたらいいのです。

例えば、あなたがパートナーさんの子供を産みたい!と思ったら産みましょう。

好きな人の子供なら欲しいと思えるかも知れませんね。

 

でも、お互いの年齢や身体のコンディションによってはお子様を産めない可能性だってあることは認識しておきましょう。

 

【二人で幸せな人生をデザインしましょう!】

あなたが子供を産みたくないと思った理由はなぜでしょう?

できればそれをあなたのパートナーとなられる方に打ち明けて相談してみてください。

 

まずはあなたの理想のパートナーと出会うのです。

そして、あなた方の幸せな人生をデザインしましょう!

 

子供さんを産むか生まないかは二人で決めたらいいのです。

でも、欲しくってもお子さんが生まれるかどうかはわかりません。これはやはり授かりものなのです。

 

お子さんができなかったときにどうするのかはまた別な記事でご紹介しますね。

 

あなたが幸せになるために結婚をするのです。

幸せな結婚にたどりつけるよう、応援しています。

このサイトの他の記事も参考にしてください。

ご意見やご要望、ご質問などもお気軽にお寄せくださいね。

無料相談のご予約

お気軽にご相談くださいね。
ご相談は何度でも無料ですよ!
オンラインやお電話でも大丈夫です。