結婚生活に必要なお金はどう捻出する?夫婦の負担を考える。

家計分担

【楽しい結婚生活を送りましょう!】

最近よく聞くようになった、生活費の分担。
あなたはどのようにお考えですか?昔のように男性が家族を養うといった風潮はまだ残っている中で、斬新な生活プランだと思います。

収入が昔のように増えてはいかないし、女性も働く環境が十分とはいえないまでも整ってきている今の時代には必要な考え方だと思います。

しかし、その運用には気を付ける点があると思います。
お金の話ですから一度不信感が芽生えると大変です。

そのようなことがないよう、運用面についても二人で合意しておくことをおすすめします。

【どちらがどの費用を負担する?】

まず決めなければならないことはどちらが何の費用を負担するか?ということになります。

例えば旦那様が家賃や光熱費など住に関する費用を、そして食に関する費用は奥様が、衣服や趣味に関する費用はそれぞれで、といったような具合です。

男性、女性、それぞれの特性に応じて得意・不得意な分野があります。基本は得意な分野を担当するようにすることがいいでしょう。

【どう決めたらいいの?】

お互いの分担を決める際に、二人の結婚生活のレベルというか、基準をお互いに決めておくことが大切です。

つまり、一ヶ月の会計標準のようなものを決めておくことです。

家賃や光熱費のレベルはこのくらいに、食費はこのレベルでとか必要な費用に関してのレベルを決めておくのです。

そして、お互いの収入を考慮して、どちらがどれを負担するのかを決めましょう。

大事なことは不意の出費に対してどのように対応するかを決めておくことです。

たとえば急に入院して手術を受けなくてはいけなくなった、だとか、実は受けたい研修が出てきたけど、すぐに支払わなければならない費用が出てきた・・などなど。

お互いに「それは私なの?」なんてことにならないように、予定していない費用に関しては都度協議して決めるだとか、突然の出費に対する対応策を決めておくようにしましょう。

【意思表示はするべし】

多くの場合、個人に関するもの、例えば趣味だとか自己啓発に関する費用はそれぞれ自分で出しましょう!というケースが多いかと思います。

お互いに自分の責任でやるのだから内容もお互いに知る必要はないという方もいらっしゃいます。しかし、結婚というのは夫婦の共同生活なのです。個人のことを尊重するとは言うものの、「聴いていなかった!」というようなことのないように気をつけましょう。

例えば趣味や自己啓発に使う時間配分などについてです。明日から研修でいないようって突然言われてもこまりますよね?

実家の母が急遽入院するようになったから明日お見舞いに行くわってなったとしても、「明日はもう予定入れているからムリ」なんてなることもあります。

【わかってくれているだろう・・は危険!】

交際期間も通じてお互いのことはよくわかってから結婚したのだから、私がなぜこうするのかはわかってくれるはずだ・・なんて勘違いしていませんか?

結婚した二人が知り合った期間なんてものはお互いがこれまで歩んできた人生の期間に比べたら微々たるもの。お互いに知らないところはたくさんあって当たり前なのです。

だから抑えないといけないところはちゃんと意思表示しておくようにしましょう。

例えば、「私は自己啓発の研修で、毎週土曜日はいません」だとか、「趣味のサークルに入るので、毎週水曜日の夜はいません」だとか、お互いの行動パターンに関してはちゃんと理解しておくようにしましょう。

「わかってくれているはず」は夫婦生活においてはもっとも危険な考え方なのです。

【言いたいことが言えることが大切です】

長い夫婦生活の間で何かあったときに、なんでも言える関係を築いておくことが大切です。

特にお金に関して言えば、「これくらいいいか!」と思って自分の判断で出した出費がのちに大きなもめごとになることもあります。

特にお金は出して終わりではなく、時間を使うこともあるのです。

「そんなに時間を取ることに使っているなんて聞いていないよ!」

なってことがないようにしましょう。

特に、家計費を分担するときは家事の分担も決めておかれる場合が多いようです。

この日は私の趣味に使う日だから食事は作れませんよと言うことはあなたにとっては当たり前のことかも知れませんが、パートナーにとっては、そんなこと聞いていないよう!なってことになることもあるのです。

普段からなんでも離せる、コミュニケーションの良好な夫婦関係があれば家計の分担も可能です。

【特に注意すべき点】

特に気を付けるべきは夫婦のライフデザインをしっかりと話し合っておくことです。

つまり、何歳になったら家を建てるのか、いくつになったら第一子を産んで・・とか、人生の節目の時期をいつ頃に設定するかを決めておくのです。

これは、奥さんが妊娠して育児休業制度を使用するなどをしても一時的には収入が減ることになります。

そのような時にどう対応するのかを事前に決めておくようにしましょう。

そんなときのために、いつまでにいくらためておくのか、貯蓄目標も決めておきましょう。

たまにですが、配偶者にいくら収入があって、どれくらい貯めているのかがわからないというようなパターンがありますが、このような状態は避けるようにしましょう。

夫婦は何かあった時に本音で話をして助け合える最小の社会なのです。そこに不信感が生まれるようでは夫婦生活が成り立ちません。

お互いのことをオープンにできる関係が夫婦なのです。

確固たる信頼関係の上にしか家計分担の仕組みは成立しないということだけは心に留めておいてくださいね。

あなたが幸せになるための結婚をするための婚活が理想のスタイルなのです。

あなたが幸せな結婚にたどりつけるよう、応援しています。

このサイトの他の記事も参考にしてください。

ご意見やご要望、ご質問などもお気軽にお寄せくださいね。

無料相談のご予約

お気軽にご相談くださいね。
ご相談は何度でも無料ですよ!
オンラインやお電話でも大丈夫です。