結婚するための婚活スタイルは?|50代女性の場合

50代女性の婚活

【50代女性のあなたが始める婚活】

突然ですが、あなたはこれまで結婚のご経験はありますか?もしそうならあなたがパートナーとして求める方がどのような男性なのかはすでにご存じかと思います。でも、初婚の方はまだあなたにふさわしいパートナーの方がどのような方なのかがよくわからない状態かも知れませんね。

あなたはこれまでの経験から、これからの人生をどのように過ごしていきたいですか?

まずあなたの望むライフスタイルを決めることが大切です。

パートナーの方とはやはり籍をいれて一緒に生活したい方は結婚という形を望まれるでしょう。しかし、自分は自分で好きなことをしていたいので、籍はいれなくてもいいと思われる方もいらっしゃるかも知れませんね。

このようにこれからのライフスタイルを考えたうえで、それに適した婚活を進めていくことが大切です。

【入籍したい方向けの婚活スタイルは?】

パートナーの方とは入籍して一緒に生活したいと考えるあなたはやはり結婚相談所での活動をお勧めします。いまや結婚相談所に登録される方の中には60代、70代の方も多くいらっしゃいます。このような方はやはり入籍しての生活を求めておられる方が多いのです。

ただし、60代や70代の方がパートナーとなると、やはり考えるのは「介護」という視点です。長く連れ添った方の面倒をみることはそれなりに考え方やどのようなことを望んでおられるかがわかるのですが、一緒に生活した期間が短いとどのように接したらいいのかわからなくなりますよね。

でも人の人生がどうなるのか、ましてや健康状態がどうなるのかを予測するのは難しい、いや不可能ですよね。ですからここはじっくりと腰を落ち着けて、本当にあなたが「この人」と思える人と出会えるまでは活動の手を止めない覚悟で入会してくださいね。

【カウンセラーさんとの相性を見極めましょう】

結婚相談所の見極め方のひとつにカウンセラーの方との相性があります。つまりあなたのことをどれだけ理解してもらえるか?ということです。

ともすれば相談所のカウンセラーさんがあなたよりも若い方で、これまで50代女性の婚活をお世話したことのないようなカウンセラーさんしかいないようでしたらあなたの責任でその方と一緒に活動できるかどうか、自信が持てるまで見極めてくださいね。

パートナーの方を見つける前に、あなたが信頼できるカウンセラーさんのいる相談所を見つけることから始めましょう。

最近、結婚相談所も増えてきています。中には安いけど、その分お世話もしないといった、看板は相談所だけれども、活動そのものは「結婚情報サービス」だといったようなところも見受けられます。

(これらの違いについては別な記事でご紹介していますので、そちらを参照ください)

【プロフィールはしっかりと】

さて、結婚相談所での活動が始まったあなたには積極的に活動していただくことが大切です。まずはプロフィールです。あなたが申し込むにしろ、お相手に見つけてもらうにしろ、パートナーの方の目に留まることが重要です。

ですからあなたのことを宣伝する文章もカウンセラーの方としっかり相談して練ってくださいね。当たりさわりのない文章ではなかなか振り向いてもらえないかも知れませんよ。

文章ができたら次は写真です。これも気合を入れて撮りましょう。ここは相談所のおすすめの写真スタジオがあるようでしたらそちらを使いましょう。過度の修正は必要ありませんが、あなたらしさを表現してもらうことが大切です。そのためには経験豊富なスタジオを選ぶことが大切です。

【できるだけ多くの方と出会いましょう】

さて、プロフィールが完成したら早速お見合いのお申し込みです。相談所によっては一度にお申し込みできる人数が異なると思いますが、申し込める最大の人数は申し込むようにしましょう。

例えば最大50人申し込めるのでしたら50人にお申込みするのです。

ときどき、「そんなに多くのお見合いはできません!」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、ご心配なく。あなたがお申し込みされた方すべてが受けてくれることなんてありませんから。恐らく、多くの方からお断りされると思います。

お断りされても決して弱気になってはいけません。「そんなもの」なんですから。

ただその方とご縁がなかっただけです。

お申し込みをいただいたらこれまた積極的にお会いしましょう。

プロフィールだけではなかなかその方の正確など、わかりませんよね。

よほど生理的に受け付けないという方でなければぜひご縁をいただいた方とはお会いになってみてください。

これまたご心配なく。お断りをするのはカウンセラーの方です。あなたが気を遣うことなどありませんので。これが結婚相談所で活動することのメリットとなります。

これからの人生を一緒に歩いてくれるパートナーと出会うまで、積極的にお出会いを重ねて行ってくださいね。

【事実婚を望まれるあなた】

必要な時だけ会いたいと思われるあなたが普段一番多く過ごしておられる時間はどのようなものになりますでしょうか?

もし趣味に多くの時間をかけておられるのなら、その趣味に関してこころが通い合える方がいいと思います。

お仕事に多くの時間を割いておられるのなら、二つの考え方があります。

あなたのお仕事をサポートしてくださる方を探すのか、それとも全然違うお仕事に詳しい方で客観的に意見をいただける方がいいのか・・ですね。

つまり、これからあなたが人生において多くの時間を使うであろうものと関心や興味が重なる相手と出会うことが大切になります。

【趣味を大切にしたいあなたには】

おすすめは地域でもよくある「サークル活動」です。市民団体が主催するようなもの、カルチャーセンターが主催するものなど、今の時代は多くのサークル活動が盛んにおこなわれています。

そのような場に出かけて行ってあなたのパートナーにふさわしい方がいないかどうかを探してみてください。あちらこちらで同じようなサークル活動があると思います。あなたの体力が許す限り多くのサークルにでかけてみてください。

そして、あなたが心許せる方が見つかったらそのサークルでの活動に絞り、その方にアプローチしましょう。

でも、気を付けてくださいね。ゆっくりですよ、ゆっくり。もしもお相手にその気がないのなら、あなたのアプローチはその方にとってじゃまなものになることもありますから。

そうそう、そのお相手が独身の方かどうかをさりげなく確認することもお忘れなく。

さらっと「奥様は同じ趣味ですか?」などと声をかけてみてその反応で確認されたらいいかと思います。

趣味を同じにする男性ですからあなたから声をかけるのもおかしくはありません。

お相手のペースも考えながら、積極的にアプローチしてみてくださいね。

【お仕事のパートナーを探される方】

基本は趣味を同じにする方と出会うのと同じですが、出かけていく場所が異なります。

あなたが出かける場所はビジネスセミナーです。それも、セミナー後に懇親会がセットになったものがいいでしょう。

趣味と同じように、あなたと同じ目的で集まった方々です。あなたからご質問されるような形でコンタクトして見られるといいでしょう。

その方が独身かどうかを見極める質問もご用意されるといいと思います。

休日はお仕事ではなく、家族サービスもされていますか?などといった具合に。

あなたがターゲットとするような方が現れたら、まずはあなたからさりげなくあなたの仕事上の課題を投げかけて後日のご指導をお願いしてみるのもいいかと思います。

ただ一回きりのビジネスセミナーを効率よく活用してみましょう。

【直接のお仕事以外でパートナーを探す】

直接のお仕事ではなく、お出会いを求められるのなら、やはりセミナーですが自己啓発系がいいかと思います。

例えば、多くの職種に共通するマーケティングのセミナーなど。

そのようなセミナーの場合には、その方がどのような職種の方かがわかるように名札が工夫されている場合が多いです。

あなたが必要としている職種の方に積極的にアプローチされてみてはいかがでしょうか?

やはりこの種のセミナーでも懇親会がセットされているものがいいかと思います。

【基本はお人柄です】

あなたが探したいのが趣味のパートナーであれ、お仕事のパートナーであれ重視するのはやはり「お人柄」ですね。入籍するかしないかにかかわらず、あなたの人生のパートナーであることに変わりはありません。

あなたが信頼できる方なのかどうかを見極めるツールなり、質問なりを準備しておかれることをおすすめします。

そしてあなたには普段から「素敵な笑顔」を出せるようにトレーニングするようにしておいてくださいね。

毎日、鏡に向かって口角を上げる練習をしておきましょう。

あなたのパートナーになる方はあなたの「笑顔」に惹かれるものなのです。

そしてあなた自身のこともよく知っておきましょう。お相手はあなたの個性がここちよく接することができる方でないといけません。

個性をする方法はいくつもあるかと思います。あなたが信頼できる方法で

あなたの個性を探ってみてくださいね。

このサイトでも個性を知る方法をお伝えしていきます。

参考にしていただければ幸いです。

あなたの人生がいまより楽しく充実したものになることを願っています。

無料相談のご予約

お気軽にご相談くださいね。
ご相談は何度でも無料ですよ!
オンラインやお電話でも大丈夫です。