結婚は親の言うことを聞くべき?価値観が合わない悩み

親御さんの「気持ち」だけ受け取りましょう!

「私のことを何にもわかってくれていない!」と思うあなたは腹立たしく感じることもあるでしょう。でも、仕方のないことなのです。親御さんはあなたから見れば祖父母の時代の価値観で判断されているのですから。

そのつながりで言えば、あなたは親御さん世代の価値観で判断していることになるのです。昔は親から子供へ価値観が受け継がれたものです。ですから親御さんがあなたに伝えるものは祖父母の時代の価値観なのです。

ではあなたの価値観は親御さんから引き継いだものなのでしょうか?それもあるでしょうが、こと結婚に関していえば親御さん以外から得る情報の方が多いのではないでしょうか?

それは親御さんは時代の変化を感じ取っておられるので、自分の考え方があなたと合っていないのでは?という不安があるからなのです。「腫れ物」に触るような感じなのかも知れませんね。

今は親御さんの世代と大きく社会環境が異なっています。ですから、親御さん世代とあなたの時代では大きく価値観が違っていても当たり前なのです。

結婚に関して親御さんの意見をすべて聞き入れる必要はありません。あくまであなたが判断してください。もちろん、親御さんの意見を取り入れるにしてもそれを決めるのはあなたなのです。

とはいえ、親御さんがあなたに幸せになって欲しいと思っていることには間違いはありません。あなたがどうなったら幸せなのか、親御さんに理解してもらってうまくコミュニケーションを取りましょう。

そのためにはあなた自身が親御さんのこれまで生活してこられた時代背景を理解しておくことが大切です。

【親御さんの時代背景】

親御さんが生きてきた時代は昭和半ば頃ではないでしょうか?いわゆる団塊の世代から少し若い世代かと思います。日本の高度経済成長に陰りが見え始め、企業ではリストラを敢行せざるをえなくなった社会であったでしょう。

そのころはまだインターネットなどはそれほど普及はしておらず、多くの価値観はその親御さん、つまりは祖父母の方々から引き継いだものが多いと思います。いわゆる戦争経験時代の価値観なのです。

その時代は自分のことは「我慢」して「全体のまとまり」を重視した時代でした。男性が頑張って働いて復興から経済成長へ、そして女性はそんな男性を支える役割を担っていました。

このような考え方はあなたの祖父母の時代から親御さんに引き継がれました。男女雇用機会均等法ができたとはいえ、まだまだ男性中心の社会だったのです。その考え方はあなたの親御さん世代にも残っているはずです。

【今の時代背景】

組織力を上げていくことに力が注がれた親御さんの時代から、今は個人の力をどう発揮するかが問われる時代になってきたと言えます。つまり、自己の主張を強く持つことが求められています。

日本経済が頭打ち傾向になる中、女性の感性をその打開に向けて活用したい意向を日本の社会が持つようになってきました。また社会そのものがLGBTの受け入れをはじめ、国際的に多様性を持つことが求められています。

そのために女性が働きやすい環境をいかに企業として整備できるかが課題となっています。管理職としての登用にも一定割合を女性が占めるように定めている企業もあります。このように女性が活躍する場が増えてきたのです。

親御さんの世代では女性が活躍する場は「家庭」でした。今は社会で、さまざまな「職場」にもその場が出来てきたのです。女性は主婦だけでなく、仕事に生きがいを見出すこともできるようになってきたのです。

今の社会のキーワードのひとつに「自由」があると思います。「自由」という考え方に親しみのあるあなたと、そこまでではない親御さん世代にはギャップがあるのです。

【世代ギャップの原因】

親御さん世代があなたに伝えたいものと、「インターネット」という社会環境があなたに伝える情報量の違いがギャップの原因だと考えられます。親御さん世代がついて行けていないのです。

最近、何かと話題に上る親の代理婚活というものがあります。恐らく親御さん世代が直接子供さんとのコミュニケ―ションが取れないがために考え出したものだと思われます。

私たちのところへも、親御さんが子供さんの代わりに結婚相手を探したいとおっしゃる方が相談にこられることがあります。その親御さん達は、自分の子供さんは今でも親の言うことを聞くはずだと思われているのです。

直接話もしていないのに・・です。恐らく話をしても、聞いてはもらえないという不安を感じていらっしゃるのでしょう。次はお子さんと一緒にいらしてくださいとお願いしましたが、来られた方はいらっしゃいません。

このような親御さん方は多分、お子さんを自分たちの近所においておきたいというお気持ちが強いのだと思います。自分たちの近くにいる方が、あなたが幸せだと思っていらしゃるのでしょう。でも、子供さんの幸せは親御さんの近所にはないのかも知れません。

【あなたが決めていいのです】

あなたの結婚はあなたが決めていいのです。あなたの人生はあなたが責任を持つのですから。親御さんから色々と意見されることもあるでしょう。理解できることは参考にしてください。

大切なことはとにかく話をすることです。そしてご自身の意見と親御さんの意見のどこが違うのかを確認しましょう。親御さんがあなたの幸せを願っていることは確かなのですから。

その「幸せのカタチ」があなたの思いと異なっていることもあるでしょう。その時にどこが異なるのかを明確にするためには、あなた自身がどのような人生を歩みたいのかを明確に理解しておく必要があります。

親御さんはあなたが知ることのない経験をすでにされていますその中にはあなたの参考になることもあるでしょう。あなたと考え方が異なることに気が付くこともあるでしょう。

その違いはその時代背景が異なるからなのです。親御さんが生きてこられた人生の社会的背景を知らなければ理解できないかも知れません。

育ってきた、そして生活してきた時代背景が異なるとは言え、親御さんがあなたの幸せを願っていることには間違いはありません。今の時代を生きるあなたが、どのような人生を送ることが幸せなのかを考えましょう。

そして、あなたが歩みたい人生を親御さんに理解してもらえるようにコミュニケーションを取れるようになりましょう。理解してもらえれば親御さんはあなたの人生を応援してくれるはずです。

このサイトではコミュニケーション力を高めることや個性を知る方法に関してもお伝えしていきます。あなたが幸せな結婚生活をおくることを応援させていただきます。ぜひ参考にしてくださいね。

無料相談のご予約

お気軽にご相談くださいね。
ご相談は何度でも無料ですよ!
オンラインやお電話でも大丈夫です。