結婚は個性を知る?お互いの人生を理解し合うこと

【結婚と個性の関係】

結婚と個性ってどんな関係があるのでしょう?なんとなく、個性が合わない二人が結婚すると難しいとは思いますよね。でもイメージの世界なので「こんな人とはダメ」といった基準を個性に置くのは難しいのです。

個性によってコミュニケーションの取り方も変わってきます。相手の個性を尊重したコミュニケーションの取り方が必要となってきます。同じような伝え方をしたとしても、個性によっては伝わらない方もあるのです。

結婚生活を送る上でパートナーとのコミュニケーションがうまく行かないと困難な状況を引き起こします。でもパートナーの個性がわかっていれば、どのような方法でコミュニケーションをとればいいのかわかってきます。

個性を把握する手法は種々ありますが、ここでは一般社団法人コミュニケーションクォーシェント協会が開発した「CQ個性診断」に使われている指標を使ってご説明をさせていただきます。

個性を知ることは大切ですが、最後に決めるのはあなたのこころです。その参考としてお互いの個性を知り、うまくコミュニケーションが取れるようになっておくことが望ましいのです。

【個性ってどうやって作られる?】

個性ってなんでしょう?その人が持つ固有の性格というように説明されます。あなたが他の人とは異なる特徴といってもいいでしょう。つまりあなたが他の人ではない、あなただと認識するものです。

では、その個性っていつ作られるのでしょう?生まれたときにすでに身についているものなのでしょうか?生まれつきというものもあるのでしょうが、人と交わるための個性の多くは幼少期に形成されるのです。

特に三歳頃までの母親との関わりによって形成される個性が重要だと言われています。最近では六歳くらいまででは?という説もあるようです。いずれにしても、幼少期の養育家庭で形成されるものが重要です。

ここで大切なことは父親ではなく、母親だということです。男性は論理的に考える脳の仕組みになっています。女性は感情でものごとをとらえられます。論理的に考えられることができない子供には感情で接する事が大切です。

三歳くらいまでの子供にはまだ言葉を理解するのが難しいのです。ですから感情での交流が大切になります。子供が泣いていると「悲しいねぇ」、笑っていると「嬉しいねぇ」などと言葉をかけてやることが大切なのです。

【自分の個性を知るということ】

自分の個性を知る診断プログラムには様々なものがあります。私がここで用いる指標はCQ個性診断に基づくものです。これはいくつかの質問に答えることによってあなたの個性を12個の尺度で表すことができるのです。

12個の尺度の中でも最も大切な指標は「幸福力」というものになります。これはまさしく幼少期にどれだけ母親の愛情が注がれていたかがもとになって形成されます。この指標は大きくなってから変えることは難しいのです。

ここでは細かな説明は省きますが、それ以外の指標としては、話題力・交際力・表現力・共感力・尊重力・成長力・開示力・自由力・自立力・感動力・充実力があります。なんとなく言葉の意味はお判りいただけるかと思います。

この中で充実力に関しては、その時点で人生を充実していると感じるかどうかという評価になります。従って、診断する時のあなたの状態によって異なります。しかし、他の指標は殆ど変わることはありません。

多くの方は「自分はこんな人」と言うのはおぼろげながらに感づいていることと思います。しかし場合によっては大きく勘違いしている人がいるかも知れません。実は私がそうだったのです。

私はサラリーマン時代には管理職についていて、人材育成にも関わってきましたし、海外への出張もひとりで行っていました。ですからそれなりに各指標において高い数値が出るだろうと思っていました。

しかし、結果は私が予想したよりもはるかに小さな数値となっていました。海外出張もひとりで行けたのに交際力は低い、部下の育成にも注力していたのに尊重力が低い人だったのです。

でも、よくよく考えてみると思い当たる節はあります。私が薄々感じていたことを、ものの見事に表してくれました。「だからあの頃はストレス一杯で辛かったんだ!」と納得できたのです。

このように、あなたもひょっとすると「こうならなければならない」という人生を演じているのかも知れません。でも、それでは本当のあなたの個性を知っていることにはならないのです。

【結婚相手にふさわしい個性をどう見つける?】

結婚相手にふさわしい個性の方を見つけるにはあなた自身の本来の個性を知っておく必要があります。あなたが演じている個性に合わせて選んでもそれは結婚生活がうまく行くとは言えません。

長い結婚生活を共に過ごすパートナーとはお互いの本来の個性を理解し、認め合っている必要があります。そうならなければパートナーが伝えたいことが伝わらないことになってしまうのです。

例えば、あなたの交際力が低いのでしたら、あなたよりも交際力の高い方がいいでしょう。結婚生活では町内会やPTAなど他の方々と関わる場面も増えてきます。そんな時には交際力の高い方が担当したらいいのです。

尊重力の低い、つまり自分のことは主張するけど人の言うことを聞けない方は尊重力の高い方と結婚した方がいいのです。このようにあなたが少し不得手としているようなところを補完してくれるお相手だといいですね。

結婚の目的をあなたがどうとらえるかも大切です。結婚したら、私は自分が好きなことをやりたいと思うのなら、尊重力の高い方を選ぶべきでしょう。なんでも一緒にやっていきたいのなら同じような個性の方を選びましょう。

【あなたのこころが教えてくれます】

お互いの個性を理解し合うことは大切です。同じ言葉を発しても、どの個性が言うかでその意味するところや重点の置き方が異なります。こちらは軽い気持ちで言った言葉でも相手にとっては重くなることもあります。

そんなときに、相手の個性が理解できていればどのように受け止めるかを考えて接することができるのです。このようにお互いがどのように考えるかを知ることは結婚生活では大切なことなのです。

このようにコミュニケーションの基本は個性に合わせて伝わりやすいように伝えることなのです。特に結婚生活における家族のコミュニケーションは大切です。

自分の子供のことは何でもわかっていると思ったら大間違いですよ。あなたが育てた子供とは言え、自立した個性を持っておられます。

家族の方と、何かうまくコミュニケーションできないな?と感じたなら、ひょっとするとあなたとは違う個性を持っているのかも?

個性の違いが理解できたなら、お相手にどのように接するかがわかってきます。その個性に共感でき、寄り添うことができればお互いのコミュにケーションがうまく行くのです。

うまくコミュニケーションが取れている状態とはあなたが一緒に居るときに、こころから安心していられるという状態のことをいいます。

個性が全く同じだという人はいません。結婚してうまく行く個性の人かどうかは、あなたのこころが教えてくれるはずです。

それに加えて、細かな個性の違いを理解できていればお互いに寄り添っていけるのです。あなたがホっとできる方と出会いましょう。そしてお互いの個性を理解しましょう。

ここでご紹介したCQ個性診断に関してもっと詳しい情報が必要な方はお気軽に「お問い合わせ」からご連絡くださいね。

このサイトではコミュニケーション力を高めることや個性を知る方法に関してもお伝えしていきます。あなたが幸せな結婚生活をおくることを応援させていただきます。ぜひ楽しんでくださいね。

無料相談のご予約

お気軽にご相談くださいね。
ご相談は何度でも無料ですよ!
オンラインやお電話でも大丈夫です。