婚活にコミュニケーション力は必要?男女の違いを知ること。

【婚活に必要なコミュニケーション力】

婚活にはコミュニケーション力が必要です。決してうまくしゃべる必要はありません。ですからお喋りが苦手な方でも問題はありません。こころが通じ合えるかどうかが大切なことなのです。

男性と女性ではコミュニケーションの取り方は異なります。その違いを理解しておくことが大切です。婚活だけではなく、結婚してからもコミュニケーションは大切です。ここではコミュニケーションについて考えてみます。

コミュニケーションの基本構造は双方向理解と他者理解で成り立っています。双方向理解ということは一方的に伝えるだけではないということです。お互いに言いたいことが伝わり合ってコミュニケーションが成立します。

コミュニケーションの成立で相手を理解することが他者理解ということになります。相手がどのような人なのかがわからないとコミュニケーションとは言えないのです。他者理解のレベルには様々なものがあります。

うわべしか理解できていないだけの状態から、相手の人間関係や今悩んでいることまで理解できている場合もあります。この他者理解の深さはお互いの距離、お付き合いの期間やお相手への関心度合によって変わってきます。

その中でも夫婦というのは極めて深い交流レベルであって、最も親密な人間関係を維持するためにも十分な理解が必要となってきます。そのためにコミュニケーションが常に取りやすい関係にあるとも言えます。

つまり、夫婦はもっとも理解しやすい関係であるはずです。最も距離が遠い他人になるとコミュニケーションがとりにくい関係なのです。

婚活に必要なコミュニケーション力に夫婦レベルが要求されるわけではありません。しかし、友人とか職場の同僚といったレベルよりもコミュニケーションがとりやすい関係でないと相互理解は難しいのです。

【こんな疑問を感じたことはありませんか?】

男女の会話の時に、お互いに自分は正しいことをわかりやすく言っているつもりなのに相手になかなか通じない。なんだかかみ合わない。こんな疑問を持たれたことはありませんか?

男性は目に見えている事実について話をする傾向にあります。しかし、女性はこころに浮かんだ思いや感情について話をすることが多いのです。そして話が進むにつれてだんだん会話がかみ合わなくなってきます。

男性は伝え方が議論的で難しく、感情表現が苦手です。女性は感情豊かですが、それはまた伝えにくいものでもあるのです。では、このようなコミュニケーションギャップが生じるのはどうしてでしょうか?

【男性脳と女性脳の違い】

男性と女性では脳の構造が違うのです。特に左脳と右脳をつないでいる脳梁の太さが異なるのです。また左脳と右脳の大きさのバランスも男女で異なっています。このことで男女のコミュニケーションギャップが生じるのです。

男性はこの脳梁が細く、ものごとを考えるのは左脳中心となっています。論理をつかさどる左脳中心に考えるので事実に基づく議論的な話し方になります。

女性は脳梁が太く、しかも左脳が右脳にくらべて少し小さくなっているので、右脳中心の考え方になるため感情中心のコミュニケーションの取り方になるのです。

このことで大きく変わってくるのが共感する力なのです。共感という意味は、相手の気持ちに寄り添えるかどうかということです。双方向理解を前提とするコミュニケーションにおいてはこの共感する力は大切です。

特に婚活に必要なコミュニケーション力を身につけるにはこの共感力を高めなければなりません。

【個性とコミュニケーション

また、一人ひとりで異なる個性によってもコミュニケーション力は異なります。例えば話題力の違いによるものがあります。話題力は文字通り、話の引き出しを多く持っているかどうかということになります。

話題の引き出しの多い人ほどわかりやすく伝える表現を知っているかも知れませんね。また引き出しの多い人は話したくて仕方がないのです。でもこれはお相手の個性によっては「うざい」と思われることもあります。

また人と出会うのが好きな個性の人と、ひとりでいる方が心地よく感じる個性の方でもコミュニケーション力は異なります。ひとりでいる方が心地よく感じる人は早く帰りたいと思っているのでなかなか他者を理解できません。

このように、その人の個性によってもコミュニケーションの取りやすさが変わってきます。個性のあった人同士の方が他者理解はしやすいのです。

【コミュニケーション力の源】

コミュニケーションの結果としての他者理解をよくするためには共感力が必要です。
共感することによって、他者理解が深まるからです。

共感力の高い人の会話は相手に寄り添うことができるのです。「僕はこんな風に感じたんだけど」と言った時にお相手が、「そうよねぇ、私もそう思う!」なんて言ってもらえると安心しますよね。

そうです、共感してもらえると自分を認めてもらえたという気持ちになって、お相手との距離が近づくのです。そのことで気持ちよく話ができるのです。

お相手のことをよく理解するために、婚活に必要なコミュニケーション力は共感力だと言えます。ですから共感力を高めることを意識して会話することが大切です。

【共感力を高める】

では、どうすれば共感力を高めることができるのでしょうか?議論好きな男性がよく使う言葉に「でもね」というのがありますが、これはできる限り最初には使わないようにしましょう。お相手に対して反発するような感じになります。

お相手の言葉に対して「なるほど!」とか、「そうなんですね!」と言った言葉で反応しましょう。このような言葉で応えることでお相手は気持ちよく話を進めることができるはずです。

このようにまずは相手の言い分を認めてあげた後で「でもね」を使うことでよりお互いを理解するためのコミュニケーションとなるはずです。

女性はもともとこのような共感のコミュニケーションは得意です。男性は苦手なので、意識してお相手の話に共感するようにしましょう。

共感するために、動作でも反応することが大切です。それはお相手の話にうなずいてあげることです。うなずいて「なるほど!」と応えてあげることで共感力の高いコミュニケーションができるのです。

【個性が喜ぶコミュニケーションを】

あなたには個性があります。そしてお相手にも個性があります。まずはお互いの個性を認め合うことが共感力を高めるコミュニケーションができます。自分の個性を認められると嬉しいものです。

すると相手の個性も認めようという気持ちになります。このようにお互いに共感することでより心地よくコミュニケーションを図ることができるのです。

この「心地よい」というような感情になれることは重要なポイントです。結婚すれば毎日顔を突き合わせることになります。一緒にいて心地よくない相手と結婚生活が続くはずはありません。

婚活に必要なコミュニケーション力を身につけるためには共感力を高めるのです。そしてお互いの個性を認め合って「心地よい」とお互いが感じられるかどうかを確認することが大切です。

そのような方と巡り合えたなら、あなたは結婚に近づいていると言えます。

このサイトではコミュニケーション力を高めることや個性を知る方法に関してもお伝えしていきます。あなたが幸せな結婚に出会えるために応援させていただきます。ぜひ楽しんでくださいね。

無料相談のご予約

お気軽にご相談くださいね。
ご相談は何度でも無料ですよ!
オンラインやお電話でも大丈夫です。