コミュニケーションが苦手。克服する3つの大切なこと

【コミュニケーションの大切さ】

人は一人では生きていけません。仲間と一緒にいることが必要です。仲間とのコミュニケーションは大切です。人間は他の人とコミュニケーションを取るために言葉というツールを作り上げました。

言葉ができる前は絵画などで意思疎通を計っていたようですし、のろしも使われていました。このように言葉が発明されるまでには歴史的経過があります。そして言葉が発明されるとともに広がったのが名前です。

目に見えるすべてのものに名前が付けられました。それは名前がないとコミュニケーションできないからです。このようにして言葉がコミュニケーションツールとして広がっていったのです。

言葉が広がるにつれて複雑なコミュニケーションができるようになりました。しかし、それにつれて意思疎通が苦手な人も増えてきました。

男女のコミュニケーションの取り方が異なっていることも知っておく必要があります。男性は論理性を大切にします。女性はその時の感情を伝えることが大切なのです。

コミュニケーションが苦手だと思われる方はこのように男女のコミュニケーションの目的の違いや、言葉以外でのコミュニケーションの取り方を理解しておきましょう。

ここでは会話において大切な3つのことをお伝えします。難しいことではありません。あなたらしいコミュニケーションの取り方を身につければいいのです。他人とおなじように話したり聞いたりできなくてもいいのです。

1.ノンバ―バルコミュニケーション

言葉が広がったとはいえ、それだけでコミュニケーションがうまく取れるとは限りません。言葉だけで伝わる情報量はわずか10%に満たないのです。ではどのようにして伝えればよいのでしょうか?

伝えたい情報の60%はノンバーバルコミュニケーションで伝わります。ノンバーバルコミュニケーションとは表情や身振り・手振りなどのことです。前述の通り、全てのものには名前が付けられています。

名前が付いているからこそ言葉でコミュニケーションができるのです。しかし、より多くの情報を伝えようと思えばこのノンバーバルコミュニケーションに頼る必要があるのです。

言葉でコミュニケーションを取るのが苦手な方でも豊かな表情や大きな身振り・手振りを使いましょう。そうすることで言葉を使う以上のコミュニケーションが可能になるのです。

上手に話しを聞くということは言葉と共に、話しをする方の表情や身振り・手振りにも注意を払うということなのです。そして伝えようとしている感情を理解することです。

同じ言葉を使ったとしても、楽しそうな表情で使われる場合とこわばった表情で使われる場合とでは伝わる意味が異なることもあります。

2.共感のコミュニケーション

お相手との意思疎通をうまくするためには共感のコミュニケーションを心がけましょう。共感ということは、話している方が伝えたいことをまずは受け入れることです。話をされている方が受け入れられたことがわかったら気持ちよくお話をしてくれるはずです。

聞く方は「なるほど!そうなんですね!」と言った感じで反応しましょう。もし、話をしている方に内容とは異なることを考えていたとしても、話し手の立場としてはそうですよね、という意味でまずは共感するのです。

その後で、「でもね、」というように異なる意見を続けて伝えることでコミュニケーションを円滑に進めることができるのです。受け入れることが難しいような意見に対してでも、なぜそのような内容になるのかを考えるようにしましょう。

共感したうえで反論することによって、話をされた方の受け取り方も柔らかくなります。そのおかげで双方向のコミュニケーションをスムーズに進めることができるようになります。

3.五感で感じるということ

話をする方はノンバーバルコミュニケーションで、つまり表情や身振り・手振りを交えて意思を伝えようとします。それを正確に受け取るには、聞き手の方も五感を使って聞く必要があります。

耳では発せられた言葉を聞くだけではなく、イントネーションや音量を確認するのです。目では表情や身振り・手振りで話をされる方が伝えたい気持ちを感じ取りましょう。

口は本来味覚を感じるものですが、共感の言葉を発してコミュニケーションをスムーズにするように心がけましょう。

もう一つは触覚になります。これはなかなか難しいのですが、話をする方が発する波動のエネルギーを感じ取ることなのです。あなたが共感できるエネルギーならあなたは共鳴しているのかも知れません。

このように五感をフルに働かせて話している方が伝えようとすることを正しく理解するように努めましょう。

「なんだか難しいなぁ。余計にコミュニケーションが苦手になりそう」と思われた方がいらっしゃるかも知れません。でもこの五感で理解するということはあなたが「心地良く」感じるかどうかを確認するものなのです。

難しく考えないで、ぜひコミュニケーションを楽しんでくださいね。

【婚活でのコミュニケーション】

男女のコミュニケーションの目的は異なるのです。男性は論理的に理屈を伝えようとします。女性は感情を共感する目的でコミュニケーションを図るのです。

婚活において大切なのは共感のコミュニケーションです。これは男性が苦手なことなのです。女性が発する言葉を論理的に解釈しようとするとなかなかうまくいきません。

例えば、女性は目の前にある美しいものを見たときに「きれい」というのです。それに対して男性は「なぜきれいと感じるのか?もっと綺麗なものはないのか?」というように理屈を考えてしまいます。

でも、女性はただ自分が綺麗と感じた感情を共有して欲しいだけなのです。感情を共有することで一体感を感じたい、つまり自分が一人ではないことを確認したいのです。なぜ綺麗なのか?そんな理屈を求めてはいません。

コミュニケーションが苦手だと感じる方はまず共感するコミュニケーションをこころがけましょう。

このサイトではコミュニケーションの方法やお金の仕組み、人生設計に関することなどをお伝えしていきます。あなたがいろいろな方と繋がって楽しい人生を歩まれることを応援しています。ぜひ人生を楽しんでくださいね。

無料相談のご予約

お気軽にご相談くださいね。
ご相談は何度でも無料ですよ!
オンラインやお電話でも大丈夫です。