事実婚って何?普通の結婚とどう違うの?

事実婚

【事実婚って新しいカタチ?】

新聞紙上でよく見かける内縁という言葉はなんとなくご存知ですよね。いわゆる婚姻届けを出していない夫婦関係のことを指します。例えば、自分たちはお互いに結婚の意志のないまま子供ができて一緒に暮らしているとか。

では、事実婚ってどういう場合のことを言うのでしょうか?例えば、自分たちは結婚したいのだけれども、どうしても別姓を名乗りたいので婚姻届けを出さない場合があります。

どうも通常の結婚のように婚姻届けを出すか出さないかの違いのようですが、なぜ二つの呼び方があるのでしょうか?

【事実婚と内縁との違い】

結果として、この二つにはカタチ上の違いはありません。

つまり、婚姻届けを出していない結婚のことを言います。

婚姻届けは出していないけれども、事実上、自分たちは夫婦だと思っているし、周りも夫婦だと認めている場合。そして、いざとなるとそれを証明できるものもある・・

どうやって証明するのでしょうか?

それは公的書類ですね。

例えば、住民票に妻(未届)と記載してあるとか。

これは婚姻届けを出していないけれども、「妻」です。

と宣言するものです。

では、内縁か事実婚かはどう違うのでしょうか?

ここには明確な違いはないようです。

でも、しいて言えば、積極的に「婚姻届けを出さない」と決めた場合には事実婚、そうではなく、仕方なく(親が認めてくれないだとか・・ですかね?)「婚姻届けを出していない」場合は内縁関係というようです。

新聞なのでは従来の習慣を踏襲し、「内縁」という言葉を使うことが多いようです。

【事実婚のメリット】

それでは事実婚のメリットはなんでしょうか?

先ほど述べたように、夫婦別姓を取ることができます。つまり、「婚姻届けを出す」という行為には夫婦別姓を選ぶという選択肢はありません。

しかし、婚姻届けを提出した通常の結婚の場合でも、通称として旧姓を名乗っている人はいます。ですから婚姻届けを提出したからといって仕事上での名前を必ず変えないといけないかというとそうでもないのです。でも、公的な書類では婚姻届けに提出した姓を使う必要があります。

【事実婚のデメリット】

では、事実婚のデメリットってあるのでしょうか?

それは公的な制度、つまり税法上の問題が発生するといわゆる「配偶者」とはみなされないということになります。

でも、お子さんができたとしても、事実婚パートナーがそれを認知すれば二人の子供として認めてもらえます。

所得税や住民税なども、もともとご自身が積極的に稼ぐために別姓を名乗りたいというような場合でしたら通常に婚姻届けを出した場合にでも扶養控除の対象にはならないかも知れませんからあま大きなデメリットではないと思われます。

相続に関しても、「遺言」があれば相続することはできます。

こう考えると事実婚のデメリットって夫婦別姓を強く望む方からすると大きなものではないように思います。

相続の際に、「贈与税」がかかってくることを除けば・・

【選択の基準は?】

通常に婚姻届けを出す結婚のことを法律婚と呼びます。この法律婚と事実婚を選ぶ際の基準はなんでしょうか?

それはパートナーを含めたあなたの「意志」なのです。

前述のとおり、あなたが仕事上で旧姓を使用したいだけなら法律婚でも可能です。

でも、それ以上に「あなた」個人を大切にしたいとう気持ちが強く、パートナーの方や周囲の方もそれをよく理解されておられるのなら事実婚を選択されることになんら問題はありません。

そして、あまり関係のない方は面白おかしくあなた方のことを見ることも気にならないのであれば堂々と事実婚を選びましょう。

まさしく、それはあなたの生きざまを周囲の方に理解していただくことになるのですから。

何か不安なことがあったり、疑問な点があったりしたときにはお気軽にお問合せ下さいね。

あなたが幸せになる結婚を応援しています。

無料相談のご予約

お気軽にご相談くださいね。
ご相談は何度でも無料ですよ!
オンラインやお電話でも大丈夫です。