昨日、会話には
スピーチ
ディベート(議論)
日常会話
の3種類あることをお伝えしました。
そして、「個性」がもっとも現れるのが
日常会話でした。

今日は男女での日常会話の違いについて
考えてみますね。

これは男女の脳の構造の違いに
よります。

聞かれたことがあるかもしれませんが、
男性は論理的思考をする脳ですし
女性は感情を優先する構造になっています。
ですから女性は感情主体の会話に
なります。

それに対して男性は論理的な会話が主体に
なります。

例えば、京都の紅葉を見たときに
女性の場合は
「わぁ~、キレイ!」
となるのに対して
男性は
「北海道の紅葉の方がきれいかな?」
なんてことになるのです。

なんとなく、わかります?

そう、会話になってませんよね!

すべての人がこうなると言うわけでは
ありませんが、
平均的にはこんな感じです。
女性と男性、
全然違う感じかたをするもの
なんですね。
このように違いのある男女が
一緒に生活する「結婚」には
果たしてどのような「価値」が
あるのでしょうか?