また Naverおまとめ記事からです。

「自営業ならまだいいんじゃないですか」
仏頂面でそう言ったユウイチさん(39歳)は
上場企業の会社員。

30歳を境に同期が
いっせいに結婚していったそうです。
「その次の波は35歳のときですね。
そこで結婚できなかった僕は落ちこぼれ扱いです。

上司は、
『結婚していないから、
オマエは仕事に責任感がもてないんだ』
と責める。

成績からいえばそれほど悪くないはずなんですが、
『信用がおけないと思われるんだよ、独身男は』
とも言われる。
これってモラハラだと思うけど、
そういうことを言うと、
独身だから甘えてると……」

おそらくこの上司の方はひと昔前の世代の方
なんでしょうね。

そう、昔は「男は結婚してこそ一人前」という
価値観があって、

「結婚して身を固める」という言葉も
使われていました。
企業の中にはまだそうした世代の方が
いらっしゃるのでそんな価値観が
まかり通っているのです。

一方で

「女性社員は、けっこう独身が多いんですよ。
いくつかの部署では女性部長もいるし、
独身だろうが既婚だろうが、
そこに会社側からの圧力はない。
でも、男にはあるんです。
独身男性が少ないから、
声を上げることもできません」

「会社では『僕だって焦ってるんですよ、
相手がいなくて……』と
笑いながら言っていますが、
本当は結婚にあまり興味がないんです。
でも、結婚したくないなんて言ったら、
それこそ何を言われるかわからない。
故郷の親に対してもそうですね。
姉がいるから孫はいるんですが、
母は『内孫が見たい』と
しょっちゅう電話で言ってきます。
内孫とか外孫とか、関係ないだろうと思うけど。
めんどうなので『まあ、そのうちね……』
とモゴモゴ弁明しているような状態です」

【出 典】
結婚しないことで「生きづらさ」を感じる
独身男性たちの実情 – ライブドアニュースより

いかがですか?
そのとおり!と思われる方も
そんなことある?
って思われる方もいらっしゃると思います。

私はこれはいろんな価値感が
まぜこぜになった状態だから
起こっていることなのでしょう。
何が正しくって何が間違いってことはないのです。
ようはユウイチさんがどうしたいのか?
だと思います。

結婚していないと一人前とは扱われないことには
不満を表明しているユウイチさん。
しかし、なぜ自分は結婚したくないのか
理由は定かではないですね。
本当の問題はそこにあるような気がします。