事実婚とは・・・

大きなポイントは婚姻届けを提出しない
カップルが社会慣習上の婚姻とみられる
事実関係にあること
です。

だから、形としては恋人関係の同棲と
変わりません。

ですから気持ちの面では
恋人よりも強い結びつきと
言えます。

なんだか違和感を覚える人も
いらっしゃるかも知れませんね。
世界的にはそれほど珍しいものでは
ないのですが、日本ではなじみが
ありません。
このような状態になる背景は
・夫婦別性にこだわりたい

・再婚で連れ子がある場合の問題

・家族が入籍に反対している
と言ったことなどがあげられます。

 

次に、事実婚のメリットと
デメリットについて考えてみます。

まず、メリットですが
法的な制約(束縛)がなく、
自由な意思が尊重される
ってことです。

つまり、女性から見ると
男性が「主人」ではないのです。
女性は今までと同じように
自立を維持できることになります。
また、男性の方も
責任を取ることもないので
気楽に感じられるのではないでしょうか?

女性は、勤務先にも
届ける必要もありません。
また、家と家の結びつきを
考えることもないので
ストレスが少ないと言えます。
二人のつながりは「愛情」
だけとなりますね。

愛情もなくなったのに、
家の結びつきと言うだけで
ずーっと一緒にいなければ
ならないことに耐えることも
ありません。

一方で日本では
まだ事実婚と言う結婚の形が
認められていないことは
デメリットと言えます。

つまり、夫婦とは認めてもらえないのです。
夫婦でなければ受けられないサービスも
あることは事実ですね。

不妊治療などの場合に、
事実婚であることを証明する
書面の提出を求められることも
あるようです。
私たちが知っている行政書士さんが
その契約書を作成してくれますよ。
特にポイントは妊娠した時ですね。
親子関係を築くには養子縁組を
することになります。

子供が欲しいカップルには
そのあたりをよく考えておく
必要があるでしょう。
フランスでは婚姻届けを出す法律婚よりも
事実婚の方が多いそうです。
これは出産等に対する国の制度の違いが
大きいと言えそうです。

あなたはどう感じますか?